2019年12月05日

交渉事は食事中に

前回、
【食事は特別な行為】という
内容の記事を書きましたので
ついでと言っては何ですがw
得する情報もお伝えします(^^)

ビジネスマンとか
心理学に携わる人の多くが
知っていることではあるのですが
そんな人も「おさらい」的に
読んでくださいね。

前回の記事の中で
食事をしている時の
【脳内物質】について触れましたが
それはいわゆる
【快感物質】にあたります。

ですから
食事をせずに話すときと
食事をしながら話すときでは
気分に違いが出てくるのです。

よく、商談や交渉事の席って
料亭などで行われますよね。
あの意味は、
ただの接待ではなくて
【気分の良い時に承諾させる】
目的を持っているのです。

こんな書き方をすると
なんだか腹黒いですね〜(笑)
ですが、大丈夫!
カウンセリング中には
お互い何も食べないから
腹黒くないですよ〜wwwww

そして、
恋愛の話は必須ですよね。
片思いの人が告白するときは
ぜひとも食事に誘ってください。
心の距離感が近い相手なら
できれば
【テーブルではなくカウンターで】

向かい合うのは敵対を意味しますから
カウンターで横並びになって
隣りから口説いてみてくださいね(^^)

もし相手がテーブルを希望したら
それはまだ
【心の距離が遠いということ】かも。
それも目安にすると良いでしょう。

最後に、
発達障害傾向の人たちが
【マルチタスクが苦手で】
食事しながら会話をするのは
とっても難しいことかと思います。

食べながら話すタイミングは、
そもそもの
【会話のキャッチボールの
  タイミングを把握しなければ】
克服できないことかもしれません。

自分がしゃべったら、次は相手。
そのリズム感を掴まなければ
食べ物を口に入れるタイミングを
逃してしまうのです。

現実には
上手くいかないことが多いのは
誰でも同じことですから
あまり気負いし過ぎないで
もしタイミングが悪かったら
【ちょっと待ってね】
素直にお願いすれば良いだけです。
そんなこと、私も日常です。

言い換えると
「ちょっと待ってくれない」
関係の相手と食事することは
避ければ良いかと思うのです。
もしくは食べないとか…。

【食事もコミュニケーション】です。
まずは自分の好きな人たちと
食事を楽しむことから始めましょう。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己改革