2019年11月09日

眠れない人はメンヘラ

前回、
睡眠のことを書きましたので
その流れでお伝えしたいことがあります。

睡眠に問題を抱える人は
睡眠導入剤などを使って
コントロールする場合もあります。

それで、以前のことですが
プライベートな場面のことです。
私の知人が
「睡眠薬を飲んでいる
  ということはメンヘラ」と
発言したことがありました。

確かに、一昔前は精神医学についても
今ほど理解をされていませんでしたし
カウンセリングについても
一般の人は無関係だと
誤解されている時代がありました。

ですから、
同じようなことを思っている人は
当時たくさんいたでしょうし
睡眠障害だけでなく
精神疾患や発達障害などでも
【今も誤解が、まん延している】
感じることが多いのです。

メンタル系については
ケガのように見えるものではなく
風邪のように分かる症状が少なく
【目に見えにくいものだから】
人は、認識できないことに対しては
理解を示すどころか
【怖さを感じる人も】多いです。

ひとまず睡眠については
メンタルと関連することが多いですが
【加齢や運動不足でも】
影響は出ますよ。

その人たちのことをメンヘラだというなら
高齢者はメンヘラだらけじゃないですか。
…というわけで、私も…
睡眠が安定しないのでメンヘラですね(^^;

結局、そういった発言をするのは
その人から見て【自分と違うから】
変な人だとかおかしいと思うのであって
もしかすると
実は、その人の方が
変な人なのかもしれませんよ。

最後にまとめますと、
睡眠の障害については
メンタルの不安定さも関連しますが
【生活リズムも関係していて】
睡眠障害=メンヘラ
などと断言してはいけません。

精神疾患、障害なども含めて
【誰でもなる可能性がある】
理解していただけると幸いです。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己改革

2019年11月07日

睡眠時間の短さ

先日、私は健康診断結果を貰いに
かかりつけのクリニックに行ってきました。
それで…お恥ずかしながら
血圧が高くてお説教されました(^^;

先生も面倒だとは思いますが
ありきたりな指導をしてくださいました。
ですが…確かに心当たりはあるものの
塩分を控えるアドバイスの中身等は
私の日常には関係の無いものでした。

そこで、別の心当たりがあって
ネットで調べてみると的中。

【睡眠に問題があると】
高血圧になる可能性が
37%上がるとかどうだとか…
すみません、信憑性は保証できませんが。

実は出産以降、
私はきちんと眠れていません。
眠れる日もありますが
眠りの邪魔がほぼ入ります。
だから、短時間睡眠を継続中です。

ところで、
小児科医から聞いたことがあるのですが
発達障害の子どもたちには
【あまり眠らない子が多い】らしいです。

大人の当事者たちについては
分からないのですが
それでも、社会人になると
多忙な中、時間を捻出するために
一番最初に思いつくのは
【睡眠時間を削ること】ですよね。

睡眠時間が短くなると起こり得るのは
・仕事の質の低下
・思考力の低下
・メンタル不安定
・血圧上昇
・食欲低下
といったことです。

例えば
カウンセリングを受ける人は
メンタル不安定な人が多いわけですが
その中にはやはり
睡眠時間が短い人がいます。

そして、
きちんと眠るようアドバイスすると
【回復する人もいます】

私自身も、あまり眠れないと
カウンセリングの質の低下が怖いので
なるべく【睡眠を優先するよう】
心がけています。

基本的なお話で
ありきたりな内容ではありますが
これを機に、
あなたもご自身の睡眠について
少し振り返ってみてくださいね。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害

2019年11月05日

はっきり言わなければ分からない人

発達障害の傾向を持つ人は
【人の顔色を伺う割には】
【勘違いすることが多く】
【読みを間違える】
ということがよくあります。

当事者としては
一生懸命考えたり
一生懸命気を遣っているのですが
ちょっとズレてしまいます。

それで、
当事者と関わるにあたって
私たちは思ったことを
【ハッキリと伝える必要があり】
そうしなければ
分からない人ばかりです。

時に、
「ハッキリ言ってるのに伝わらない」
という現象も起きます。

例えば、
目を見るのが苦手な当事者だと
顔を見ることを避けるので
怒っているのかどうか分からない、
という場合や
非言語コミュニケーションに必要な
声色を区別することができない
という場合もあります。

それ以外でよくあることは
・注意しても聞き流す
・本気で受け止めようとしない
・自分のことばかり言う
といったことで
「もういい加減にして!!!」と
周りと怒らせてしまいます。

そうなると、
トラウマを抱えやすい当事者には
基本的に淡々と伝えるのが
本来の関わり方なのですが
【怒鳴るまで分からない】
ということが発生します。

それは不適切な対応ですが
「そこまで言わないと分からない」
ということも大いにあります。

そのため結果として
【傷つけてしまうことになり】
もし、傷つけることを避けるなら
周囲の人間が
【身を削って我慢することになり】
どちらかが痛い思いをするのです。

正直、そのやりとりは
とてつもないエネルギーを使い
消耗して疲れます。
だから
【当事者から離れることを選択し】
関わることを止めてしまうのですね。

発達特性のある人と関わる際、
すぐに結論付けるのではなく
・分かりやすい表現をする
・考えはハッキリと伝える
・当事者の考えを丁寧に聞く
・冷静に怒りを伝える
この流れを試してみて
どうしても良好な関係が難しければ
離れる選択も致し方ないかと思います。

私はいつも
発達障害関連の記事を書きますが
彼らと絶対につき合ってほしいとか
全てを理解してほしいと
思っているからではありません。

ひとまず、大ざっぱに理解し
コミュニケーションを試してみて
【ちょうどいい人間関係】
見つけてほしいと願っています。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害