2019年11月30日

自分が何を選べば納得してもらえるのか

さて、今回は発達障害から離れて
みんなに共通する話題になります。

これはお客様からの話題がヒントに。
私も若い頃に同じ経験をして
同じように悩んでイライラしたことを
よ〜く覚えているのですが。。。

例えば上司に言われたことに従うと
別の先輩から文句を言われたり
Aちゃんに従ったら
Bちゃんに怒られたなど
あなたは経験がありませんか?
私には、こんなことばっかりでした(^^;

OL時代は飲み会に参加することが多く
そこでは上司や先輩の体験談を
聞かせてもらうこともあり、
そのような中で時々出てきた
決まり文句のような言葉…
【結局、自分がどうしたいかだよ】

そのセリフに振り回されている若者は
過去の私や、お客さまだけでなく
世の中でも少なくないのだと思います。
冒頭の会話内では
「何を選んだらいいのか
      分からないのです」と
お客様は頭を抱えていらっしゃいました。

上に立つ人物は、下に人が増えると
【あたかも偉くなったかのように】
知ったかぶりな言葉を並べ立て
もっともらしい発言をしています。

若者は、それを真に受けてがんばりますが
毎度【違うんだよな〜】と指摘されて
正答がもらえないので戸惑うだけです。

せめて、
【答えを見つける方法】を与えるよう
上の人間が【説明できる力をつけて】
偉そうぶってほしいなぁ、と思います。

それで、結論をまとめますと
若いということは
【経験値が低い】ということです。
だから何が正解か、
自分の考えに従うことが不安なのは当然。

そして年輩の人に比べれば
興味のある特定の分野はさておき
【全体の情報量が少ない】です。
だからそれが本当に正しいか
【確証につながる根拠が少なく】
やはり決められなくても当然なのです。

そのことに対し、ただダメ出しだけで
ヒントすら与えないのは
【上の人間に能力がない証拠】です。
できる上司、先輩は必ず
【成長につながる
   ヒントを提供しています】

ダメ出ししかしない人たちは
【ただ文句を言いたいだけ】
なのかもしれません。
だから、何を言っても納得はしないでしょう。

ですから、
このようなことで悩んでいる人は
一つひとつ真に受けて取り合わず
【聞き流すか、
  その人の分析でも楽しんで】ください。

この先、失敗を恐れず
努力し続けていれば、どんな人でも
【経験と情報は必ず増えていきます】
posted by 心療カウンセラー長谷 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己改革

2019年11月28日

断ると怒り出す人

前回、
「ありがた迷惑」について書きました。
そして読者の方のコメントから
もう一度このことについて
取り上げたいと思いました。

「ありがた迷惑」「お節介」
「余計なお世話」「思いやり」など
どこまでが良くてどこから迷惑か、
それは【受け手側の感じ方】によります。

前回の記事内容で問題としたのは
【喜ばれる範囲を超えて】
やりすぎてしまう人についてでした。
アスペルガータイプの人は
一度、誰かに
感謝されたり喜ばれたりすると
【同じ行動をくり返す】ことが
相談事例から分かっています。

たとえば、
「このお菓子美味しい!」と言うと
当事者は毎日同じものを買い与え
安売りでは大量買いします。
もらった側は最初は嬉しくても
だんだん困り始めます。

もしそれが最初の段階で
当事者の気持ちに感謝した言葉で
本当は大して美味しくなかったとして…
それを間に受けた当事者が知ったら
とても悲しいことでしょう。

当事者にしてみれば
「からかわれた」とか「バカにされた」
などと感じるかもしれませんね。

ですが、
お菓子をもらった人にも
【断れない理由が存在する】のです。
その人自身が「言えない」という
課題を抱えていることは別として、

それは
【断ったら、当事者が
  すねたり怒ったりする】ところにあります。

アスペルガータイプの人は
【正義感に満ち溢れているので】
人に喜ばれる自分の行為は
正義であり、
必要なことだと思っています。
それを「否定される」わけですから
一次感情の悲しみを飛び越えて
【怒りに変わりやすい】のです。

そこには
【相手の気持ちがある】という
大切な考え方は存在しません。

そのために周囲は
「怒らせたくないから…」と遠慮し
断ることを諦めているのです。

何が言いたいかというと
アスペルガー傾向を持つ人だけでなく
断られることに抵抗のある人は
【周りが本音を
  言えない状況を作っている】
考えることも時には必要です。

どこからが、ありがた迷惑か…
それを知りたいのなら
【断られる覚悟】をしてください。

人に喜ばれることは良いことです。
だけど、一度喜ばれたとしても
一人が喜んだとしても
【万人に通用するものではありません】

特に日本人は事なかれ主義が多く
事を荒立てないように本音を隠します。
ですから
「断れない」のは、周囲の課題です。

それぞれが、それぞれの課題を知り
乗り越える努力をすることが
お互いの理解につながると思います。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害

2019年11月26日

ありがた迷惑とは?

ADHD傾向が強めの人は
幼少時代から批判されたり
叱られてばかりの経験が多く、
表面上は自信家に見せていたり
自分の正当性を主張できても
【本当は自信のない人】が多いです。

アスペルガー傾向が強めの人は
勉強や運動ができることで
一目置かれる経験をしたこと、
人と話すよりも自己対話によって
結論を導き出すことなどから
【思い込みによる
  自信を持っている】人が多いです。

ADHDタイプの人は自信のなさから
「これでいいかな?大丈夫?」と
相手の顔色を伺って心配しつつも
誰かの役に立ちたい、
役に立って自分を認めてもらいたい
といった気持ちで尽くそうとしますが
【失敗が多く】
反って迷惑をかけてしまいます。

アスペルガータイプの人は
【自分が良いと思うものが良い】
という思い込みを持っている場合
「余計なお世話」だらけになって
周りに迷惑をかけてしまいます。

それで、
「ありがた迷惑」が
どういうものか改めて説明すると
「良かれと思って」
誰かに何かをしてあげても
【良い結果になるとは限りません】

・自分で解決すべきこと
・自分で結論を出すべきこと
・自分で乗り越えたいこと

人には「自分で〜したい」という
生きるためのエネルギーが
備わっていますから
【頼まれてもいないのに
    手を出してしまうと】
その人の成長の妨げになるどころか
迷惑をかけてしまうことになるのです。

アスペルガータイプの人には
丁寧に説明をしても
「???……なんで???」と
なかなか理解してもらえないことが
たくさんあるのですが、
この「ありがた迷惑」も
その中の一つにあたります。

ですから、あえて文章にして
何度も繰り返し読んでもらいたいです。

ADHDタイプの人は
「これ以上困らせたくないから」
例え理由を理解できなくても
分かろうとすることができますが
アスペルガータイプの人は
「納得するまで引き下がらない」のも
特徴なのです。

だから、
アスペルガータイプのお世話好きは
自分が納得できるまでは
「やめてほしい」とお願いしても
なかなか理解を示してくれません。
【人を助けるのは良いことだ】という
脳内のシナリオに
【ただし、
  本人に求められた場合に限る】
という補足を加える必要があります。

なかなか難しいことではありますが
あなたの周りに似たような人がいたら
試しに文面で、箇条書きにし
当事者に手渡してみてくださいね。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害