2019年09月19日

ADHDタイプとの付き合い方

先日、お客様の愚痴を聞いていて
ネタにできそうだなぁと思い
今回書くことにしました。

ADHD(注意欠陥多動性障害)の人は
【一貫性のない人が多く】
思ったことをポンポン口にしたり
先のことを考えずに
行動を起こしたりしてしまいます。

その結果、失敗が多く
落ち着きのない人、忘れ物の多い人
話を聞いていない人などなど…
とにかく
【幼少時代からよく叱られて】
育ってきた人が多いです。

このタイプの人と付き合っていたり
家族の中にいたりすると
周りの人たちは振り回されて
ヘトヘトになってしまいます。

何に振り回されるかというと
よくありがちなことでは
例えば…

衝動的な部分で言うと
目の前の洋服が欲しい!
ガマンができなくて買っちゃった。
【遊ぶお金が無くなったから】
友達と遊ぶ約束をやぶった

友達とイベント参加の約束をしていて
お互いが事前申請しなくてはならず
【手続するのを忘れてしまい】
結局イベント参加できなくなった。

家族に頼まれた支払いを忘れて
期日が過ぎてしまったり、
そのお金を他に使ってしまったり…

とにかく色々とやらかしては
みんなを怒らせる人生です。
そうなると気が強いタイプの人は
「しょうがないでしょ!」
「そんなの知らない!」
「私は悪くない!」
などといって【逆ギレ】します。

でもですね、
ADHDタイプの人の多くは
【元気で魅力的】なのですよ。
コミュニケーション能力も
比較的高くておしゃべりが楽しい。
だからできれば仲良くしたいですよね。

そのような気持ちを持っている人が
ADHDタイプの人と上手く付き合うコツは
【約束をしない】
【言葉を真に受けない】
【手伝ってあげる】
これをお勧めします。

この詳細については
次回でお伝えしたいと思います。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害