2019年09月28日

自分の思いどおりにしたい親たち

誰もが、何かしらの課題を抱えていて
親になったとしても乗り越えられず
少なからず
日常生活に影響を与えています。
完璧に健全な人は滅多にいません。

それは、親子関係にも影響します。
カウンセリングの事例の中で
多く取り上げられているのが
いわゆる「毒親」ですが
私は発達障害の相談を受けるので
【発達障害傾向の親】についても
一緒に考えることが多いです。

いずれの問題に関しても
親側に共通していることは
【親の価値観基準】
物事が決められがちということです。

どういうことかというと
「家族は一生一緒にいるものだ」と
親が考えているとすると
【子どもの巣立ちを
     邪魔します】
「ピーマンはまずい」と
親が思っているとすると
【食卓にピーマンが出てこない】
ということも考えられます。

このように、
”親が良いと思ったことのみ
許可される”生活は
【子どもの成長の妨げ】になります。

かといって、何でもかんでも
”自分で全て決めなさい”と
丸投げも良くありません。
分からないことを
誰にも相談できないまま
自分で決めさせられるのは
【責任の取り方を
   知らない子ども】にとって
やはり精神的負担が大きいです。

私たちに個性や性格があるように
子どもにも個性や性格があります。
その子のタイプがどんななのか
【見極める力】
親には必要かと思います。

そのうえでの子育てポイントは
いつも言っていることですが
【相談できる親であること】
【話の聴ける親であること】
【意見を言える親であること】
【説明できる親であること】

これらが親の課題であって
感覚だけに頼って子育てすると
タイトルの通り
”自分の思いどおりに育てる”に
つながりやすくなってしまいます。

子どもたちはいつか、
私たちの手を離れて巣立ちます。
そして一人で生きて行きます。
子育ては、そのためのものです。
【子どもたちの人生の責任を負う】
ということがどういうことか
今一度、確認が必要です。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て

2019年09月26日

アスペルガー男性とどう付き合うか

アスペルガー傾向を持つ人は
男性だけでなく女性もいますが
女性にはもともとの
【多少の共感力】が備わっていて
ある程度のコミュニケーションを
取れる人が多いです。

ですから
恋愛や夫婦間についての
相談事例で多いのは
女性が悩んでいるケースです。

仕事や勉強と違って
恋愛や夫婦関係では
【感情の通い合いが必須】なので
そこが上手くいかないことで
関係が悪くなってしまったり
喧嘩が増えてしまったりして
悩んでいる人が多くいます。

具体的には
・言葉足らず
・余計な一言が多い
・会話がかみ合わない
といったことで、

例えば…
女性は愛情確認をしたいと
思う人が多いですから
「私のこと、愛してる?」と
聞いたとします。
でも、彼は答えてくれません。
「なんで答えてくれないの?」
などと聞いたり問い詰めてしまう
女性もいることでしょう。

その時、衝撃の一言が!
【前に言ったから
   分かるだろう?】
【君は一度言ったことを
   覚えられないのか?】
【なぜ同じことを
   何度も聞くのだ?】

その時の女性はビックリして
私に相談されます。

ここで押さえておきたい基本は、
アスペルガータイプの彼は
【そういう人なのです】

相手からしてみれば
「愛してる?」と聞かれることは
【単なる質問に過ぎず】
分かり切った同じことを
何度も聞かれている
という感覚でしょう。

その言葉の
【意図が伝わっていない】
ということを覚えてください。

このような場合には
「私を好きなら、今、
 好きだという言葉を聞きたい」
といった感じに
【質問でなくお願い】
するようにしてみてください。

彼らにとっては
【俺はどうすればいいの?】
感じることの一つかと思います。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害

2019年09月24日

雑談って何?

発達障害の傾向を持つ人たちは
【雑談が苦手】です。

私は、相談を受けるごとに
どのように苦手なのか?
人と関わる時に
どんなことを思っているのかなど
色々と聞いてきました。

その中で多かった答えとして
・共通の話題がない
・質問するなどおこがましい
・聞いた後の反応に困る
などがありました。

そこで、
雑談に関する考え方や
ちょっとしたコツを
以下にまとめてみます。

【共通の話題がない】
一番最初から、雑談に関しての
”誤解が生じている”ということに
気付く必要があります。

私たちは、雑談の中で
お互いの好きな物や嫌いな物など
情報を交換しながら
”徐々に共通点を増やし”
親しくなっていきます。

初対面の、
何も話したことのない人の
共通点を知っている人など
どこにもいないのです。

ただし、何らかのテーマを元に
集まった集団であれば
最初から一つだけは分かるので
それをきっかけに
他の共通点を探せばいいのです。

【質問するなどおこがましい】
自分に自信のない人や
いじめなどの経験をした人に
多く見られる考えなのですが
”質問したら嫌われるのでは”
という不安を抱えています。

ですが、コミュニケーションを
スムーズに行うためには
どちらかが質問して
どちらかが答えなければ
”キャッチボールが成立せず”

仮に、
お互いが自分の好きな話だけを
交互に交わしていたら
”会話はかみ合いません”

ここで覚えておきたいのは
自分から聞きたいことがあれば
”質問は自分の権利”であり
”答えるかどうかを
  決めるのが相手の権利”です。

つまり、
人には知られたくないことや
聞かれたくないことがある時
質問した人のせいにするのは
間違いであって
そこに囚われることはないのです。

【聞いた後の反応に困る】
ようやく質問できても
「はい」か「いいえ」で返事がくると
ふーん…そうですかぁ…、で
終わってしまいます。

いわゆる”開かれた質問”をして
「はい」や「いいえ」で答えず
具体的に答えられる質問を
探すことが大切です。

これについては
発達障害の傾向を持つ人の
アレンジ能力が問われます。
苦手な場合には
”マニュアルを作成しておき”
いざというときに
スムーズに質問できるよう
挑戦してみてください。

=まとめ=
私の持つ相談事例では
上記のような悩みを持つ人が
多いと思います。

特に「何て答えたら…」については
単に、開かれた質問だけでなく
もらった答えに対して
【相手の喜ぶ解答探し】
脳内で繰り広げて
回りまわってトンチンカンな
反応をすることが多いです。

ネガティブな発言を避け、
感じたままに答えたとき
相手の反応が悪かった時には
【謝って修正すればいい】
考えてみてください。

参考になれば幸いです。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害