2019年07月10日

言いたいことが分からない

おしゃべりの仕方には
みなさんそれぞれ特徴があり、
その話し方に慣れるまでは
聴きにくいし対応しにくいです。

特に発達障害傾向を持つ人たちは
コミュニケーション能力が
低いと言われていますよね。

まず、
問題となりやすいのは
【何が言いたいのか
    分からないまま】
会話を始めてしまって
バトンを奪ってしまうことです。

私も、発達障害傾向を持つ
当事者と関わることが多いのですが
その中で分かっていることの一つに
【特に話したいことはない】
ということがあります。

ちょっとおかしな話ですよね。
特に話したいことがないのに
なぜ、話し始めてしまうのか?
黙っていればいいじゃないか。
…そう思うのは普通でしょうね。

ところが、
当事者たちは人の話を聴きながら
「超」高速回転で
【自分と対話しているような】
そんな脳内の状態のため
急に何か言いたくなってしまう
ことが起こるのだそうです。

ただ、言いたいだけ。
でも【結論はない】ということです。

私がプライベートで関わった時には
ただ言いたかっただけのことを
まともに取り合おうとしている
【お前がおかしい】と言われました。
度肝を抜かれましたね(^^;

かといって、
知らんふりをしていると
「無視された」と悲しそうです。
どうしろっていうのだ!?
…とイラっとしましたが。笑。

さて、
このようなことが続けば
当たり前のことですが
人間関係に亀裂は入るし
避けられてしまいます。

そのリスクを
なるべく減らすためには
「ただ言いたいだけだから…」と
【結論のない話だと
   あらかじめ伝えておく】のは
どうでしょうか。

また、
日ごろから取り組むことは
【結論の見つけ方を知る】
ということかと思います。
これは誰かと一緒にやってみてください。

発達障害傾向の有無に関わらず
【会話が苦手な人全般に】
大切な訓練だと思います。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害