2019年07月30日

子どものパニックとの違い

発達障害の傾向について
子どもの頃の様子と
大人になってからの様子では
違いがあります。

今回は、「パニック」について。

基本的に【個人差がある】ことを前提に
文章を読んでいただきたいと思います。

発達障害傾向の子どもにも
パニックになる場面は
たくさんあります。

その時の様子では、
・オロオロしている
・走って逃げる
・モノを投げたり暴れたりする
といったことが考えられます。

小さい頃には
【自分の感情に
    気付きにくく】
自分でも何が起きているのか
把握することができないことや、
【使える言葉の数が少なく】
その時の状況や心情を
表現するのが難しいことから
【言葉でなく行動に】
パニックの様子が
現れやすいかな、と思います。

それで、大人の場合には
国語が得意だったり
哲学が好きだったりして
【自分の世界で対話しながら】
言葉をどんどん覚えていくので
パニックになった時には
【独り言のように
      言葉が溢れ】
誰かを責めたり
まくしたてたりしてしまいます。

この時点で
言葉が出てこないタイプでは
子どもの時と同様に
【暴力として現れやすく】
基本的に平和主義なので
そうなることを怖れて
その場を立ち去ることもあります。

子どもと大人では
このような違いがあると思います。

私たち人間は
思ったことが言葉として
自然に発せられないと
結構ストレスが溜まります。
発達障害当事者たちは
その場面がとても多いので
【身を削るような思い】
しているのだと思います。

誰に対しても言えることですが
おっとりしている人、
言葉の出にくい人などには
【ゆっくりと向き合える
     時間を確保して】
話を聴いてあげてください。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害

2019年07月28日

パニックになった人への対応

発達障害の傾向を持つ人たちは
パニックになりやすいことを
前回の記事で説明しました。

今回の記事は
支援者側の視点で読んでください。

それで、パニックのきっかけが
【私たちの予測を超えて】
多くのところに存在しているので
私たちにって些細なことでも
混乱してしまうことが考えられます。

「パニック」と、
ひとことで言っても
当事者の態度はさまざまです。

・人の話が聞こえなくなる
・一方的に説明し続ける
・独り言を言い続ける
・挙動不審になる
・誰かや何かのせいにする

このとき、
支援する側に求められるのは
【パニックだと見抜けるか】
というところです。

それに気付くことができず
一つひとつ真面目に取り合うと
支援する側にとっても
怒りにつながりやすいです。

パニック時の当事者は
・言い分を分かってほしい
・言い訳をさせてほしい
・正論を言っているつもり
・これを聞けば
  理解できるはずと思っている
などと考えているようです。

ですが
【文章の組み立てが
      支離滅裂】
その場を取り繕うのに必死なため
内容をまともに取り合うと
イライラしてしまいます。

対処の方法としては
【落ち着くのを待つ】ことですが
落ち着き方は人それぞれ。

とにかく私たちは
・あいづちを打たない
・黙って相手を見つめる
・質問に答えない
といった態度にしてみます。

当事者は大人ですから
【相手の様子がおかしい】
気付くことができる場合が
多いかように思います。

その時、
一瞬、我に返るというか
言葉が止まった時に
「続きを話していいですか?」と
冷静に声をかけるようにします。

当事者談ですが、
パニックの時に声をかけると
言葉は音として聞こえ、
【意味の理解ができない】
とのことでした。

つまり、
何を言っても意味がなく
当事者自身が
【自分の異変に気付くまで】
私たちは
待ってあげることが大切です。

他にも方法はあるのでしょうけれど
今のところ、私にとっては
この方法が効果がありました。

場合によっては、もう一つ。
【”パン”と手を叩く】です。
それと同時に
「はい、ストップ!」などと
声をかけて落ち着かせます。

この場合は、当事者と
事前に打ち合わせておくと
うまくいくかもしれませんね。

最後に、
当事者の「暴言的発言」は
まともに受け止めても無意味です。
自分で何を言っているかさえ
分かっていないことが多いので
いちいち傷ついていられません。

そのつもりで
最初から関わるようにしてみてください。
パニック時も関わってくれる人は
当事者にとっての
【良き理解者】になれると思います。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害

2019年07月25日

人の話が聞こえないことも

発達障害の傾向を持つ人たちは
【プチパニックが頻繁】
私たちには想像できないような
ほんの些細なことでも
動揺することが多いです。

一般的には、
急な予定変更などの
【イレギュラーに
    対応できない】
というのが
割と知られていますが
実際には
それだけではありません。

ちょっと話は逸れますが
猫がキュウリに驚いて
飛びあがる動画を知っていますか?
「なんで、キュウリに?w」
なんて思いながら微笑ましく
見ていた動画なのですが
発達障害当事者たちにとっての
イレギュラーは
猫にキュウリみたいな感じです。

日常場面に当てはめると
テーブルの上などに
無いものがある、あるものが無い
程度のことでもパニックに。

【物・パターン・時間】など
全てのことに関して
パニックになりやすいですし
【フラッシュバック】して
パニックになることもあるので
私たちにとっては
何がなんだか分からないのです。

ですから当事者は言います。
「一切の波が立たない
 穏やかな水面のような
 心の状態を保ちたい。」
そのために心を閉ざして
人との関わりを避けることも
おおいのではないでしょうか。

かといって、
ざわざわすること全てを
避けるようになってしまうと
それまで
【できていたことが
  できなくなる可能性】
あるかもしれません。

多くの苦手を避けることで
【耐性がなくなります】

どこまで我慢するかは
人それぞれですし
体調が悪くなるほどであれば
無理はいけませんが
一つ「イヤだ」と思うと
あれもこれも、
場合によっては何もかも
イヤになってしまい
引きこもりにつながりやすいので

【いつでも相談できる環境を】
整えることが大切かと思います。
ここでいう「環境」とは「人」です。
”一緒に考えましょう”という
姿勢を常に見せてあげると
話しやすくなると思いますよ。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害