2019年06月21日

たとえ話をする目的

ADHD傾向で衝動性の強いタイプは
「おしゃべり」好きが多いです。

私のプライベートの友人にも
数名そのタイプの人がいますが
私とはとても気の合うタイプで、
飲み会などは大盛り上がり♪
とても楽しい時を過ごせます。

ところで、
そういったタイプの人たちが
カウンセリングを受けるとなると
ちょっと困った場面に陥ります。

・話のバトンを奪われる
・話が逸れる
・何を話していたか忘れる

大まかには、この3つなのですが
その原因の一つに
【たとえ話が楽しくなる】
ということが
含まれていると気づきました。

どういうことかというと
このタイプの人は
Aという話題が出てくると
その話を聞いているうちに
B、C、D…と
他の話したいことが
脳内に浮かびやすいです。

そのため、
「…というのは、例えばね、」で
話題が切り替わってしまうことが
【刺激になってしまう】かも…
と思ったのです。

誰かがたとえ話を始めると
それを聞くことよりも
【自分も例えたくなる】ような
イメージでしょうか。
ある意味、ワクワクするのかも?

ですから、
【本来の目的から外れて】
別の話に逸れてしまいがちなのです。

このことに私が気づいたのは
一人のお客様と話していた時です。
その方は、自覚を持っているので
自身の苦手なことを
克服したいと取り組んでいますから
「あ、これってまずいね」と
自分で気がつかれました。

私は、その時に
「あ、そうだよね。ズレちゃうね。
 そういえばさ…そもそもなんだけど
 なんでたとえ話を出すか分かる?」
と、質問してみました。

お客様は
「よく分からないけど…
  たとえ話を聞いていると
   自分も言いたくなってしまう」と
答えられました。

プライベートの
楽しいおしゃべりなら
そんな話題の少々のズレは
楽しいかもしれません。
ですが、
カウンセリング内で気付いたことは
一緒に確認しておくことが大切です。

何かを伝えるときに
たとえ話をする目的は、
【もともとの説明を
  具体的に表現すること】です。

「例えば」←出ましたね、ここです。
”人の心は複雑だ”と言っても
どういうことか分かりにくいです。
それを具体的に
”頭では分かっていても
     行動が伴わない”とか
”好きな女の子に
    意地悪してしまう”など
身近な言葉に変えてみることで
より伝わりやすくなります。

ここまで書いてみて
私自身が感じたのは、
衝動性の強いタイプの人には
たとえ話をしない方がいいかも…笑。

【結果的に
  余計な情報を
    与えてしまうので】
どうしても必要な時だけ
例えるようにする方が
良いかもしれませんね。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害