2019年06月08日

個人の持つ「役割」

私たちが
感情で物事を考えると
折り合いがつかないことって
たくさんありますよね。

納得できない、許せない
妥協したくない
受け入れられない…
色々な感情が渦巻いて
心の中はモヤモヤだらけ。

例えば、
自分の置かれている立場に
変化が起きた時は
戸惑ってしまうものです。

発達障害傾向を持つ場合、
【自分の立場が危うい】
感じやすい人が多いので
【自分の存在そのものが】
消えてしまうのではないか…
消さなくてはいけないのでは…
などと極端な恐怖に
陥ることもあるかと思います。

そんなときは
【自分の役割の変化】
自覚するところから始めます。

そして、それは
【人間関係にも存在します】

人間関係の中での
自分の役割…って何でしょう?

仕事なら肩書のように
分かりやすいものがあるのですが
個人に至っては
肩書など誰にもないものです。
それでも役割はあります。

もし、あなたが目立たないタイプで
みんなから注目を浴びたい、と
望んでいるとします。
そして、そうなれない自分を
受け入れられないとします。

そういったときに
「役割」を考えてみます。

誰かの注目を浴びられるのは
たった1人の人だけで、
それを取り巻く人たちは
「その他大勢」みたいなもの。

けれども、その他大勢も
細分化していくと
・支える役割
・引き立たせる役割
・見守る役割
・相談を受ける役割
など、色々とあるものです。

子育ての過程で例えるなら
小学生くらいまでの親は
大ざっぱには【育てる役割】
思春期以降は
【相談を受ける役割】です。

このように、
私たちは常に確認しないまでも
【必ず何らかの役割をもって】
ここに存在しています。

それが受け入れられるようになると
自分の存在は大切に感じます。

また、
相容れない人間関係の中で
役割を見いだすことができれば
【気持ちを割り切れる】
可能性がありますから
「役割」をメリットとして
受け止めてみてくださいね。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害