2019年03月30日

なぜ内弁慶なのか

発達障害の傾向を持つ人で
アスペルガー傾向の強い人は
興味を持っている
何かの情報などについて
人に伝えるのは得意ですが
【自分の気持ちを
  表現することが苦手です】

感情が平坦な人も多く
喜怒哀楽の
【怒りしか表現できない】
という人もいます。

その怒りは
【身内に向けられます】
(恋人など身近な人も含む)

この事例は多く、
例えば夫婦関係だと…

事あるごとに、
夫自身のミスまでも
妻に対して責めてしまい
妻はその理不尽さを
周囲の人に相談するのですが
誰にも信じてもらえません。

夫は、周囲の人からは
【とても良い人】に見られ
妻がいくら訴えても
「そんなことは信じられない」
といった感じで
理解してもらえないのです。

そのうち、妻は
「もしかすると
  本当に私がおかしいのかも」と
自分の不出来さを責めるようになり
心身ともに病んでしまいます。

これが
【カサンドラ症候群】です。

アスペルガー傾向が強い人は
【会話のズレに気づきにくく】
そのため幼少時代から
おかしなことを言っている
【周囲の人が変だ】
思っていることがあります。

仮にズレに気づいていたとしても
「こう言えば分かるはず」という
強い思い込みが
発生している場合もあります。

だから、
いつも周りに対して
何らかの怒りを感じやすく
だけどそれを表現すると
【上手くいかなかった体験】
色々とあったので、怒りを
【外に向けては
  いけないことを
     知っています】

ですが家族は別です。
彼らにとって
家族は所有物ではないですが
【お互いに活用する機能】
のような感覚を
持っていることが多いので

「怒りをぶつけてもいい」と
思いがちなのです。

かといって
愛がないわけではありません。
ただただ、物事を
【点でしか考えられない】だけで
翌日には忘れていることも
結構あるのです。

もともとの特性というより
【育ってきた過程で
     覚えた方法】
みたいなものかと思いますが
驚くほど
多くの当事者に共通しています。

長くなってしまったので
続きは次回にしようと思います。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害

2019年03月28日

「場違い」の意味が分からない

発達障害の傾向を持つ人は
よく【空気が読めない】
言われますよね。
それに関連して
【場の主旨を理解していない】
ということが挙げられます。

例えば、
空気が読めないことでは
複数の人たちが集まって
スイーツの話をしているのに
当事者が突然
宇宙空間の話をし始めるとか

その集まりでは
教育について話し合うという
主旨に基づいて会話がなされるのに
当事者が発言する番になると
なぜだか映画の話になるなど

【脈略のない】発言が
周囲を困らせることがよくあります。

ただ、
例として関係ない物を話題にして
【主旨に繋がれば
   問題はない】のですが
多くのケースでは
【論点がずれてしまい】
お話にならない、という状況です。

さらに、
平社員の当事者が
【部長の仕事の
  やり方にダメ出し】して
上司を怒らせてしまうとか

リーダーでもないのに
【急に仕切り始めてしまう】など
【立場を越えてしまうことも】
しばしば起こります。

彼らの
【視点は常に平等】
立場というものについて
何が間違っているのかを
理解することが難しく
【口調が上から目線】だという
自覚が少ないようです。

こういった場合、
周囲の人の対応としては
「今はその話は不要です」と
【冷静に伝えること】

当事者の場合には
【今、何についての
     話し合いか】
まず理解してから
発言する際には
【これが誰の仕事か】
考えてからにしましょう。

不安な場合には
助言してくれる人の
近くにいるようにして
その発言が
ふさわしいかどうかを
聞くようにすると良いですよ。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害

2019年03月26日

「仲間意識」を持つには

【1人の世界を
  大切にする人】の中には
アスペルガータイプの人も
多く存在します。

休憩時間の教室で
1人もの静かに本を読んだり
会社の宴会ではいつも
隅っこで静かに飲んだり
そういうのが好き、
というイメージです。

1人が好きだからと言っても
【人嫌いではない】です。
話しかければ答えられるし
もし本当に人が嫌いなら
学校に行きませんし
集まりに参加しませんよね。

ですが、
【仲間意識が薄くなりがちで】
自分だけがみんなの世界の
外側にいるような気持ちを
持っていることも多いです。

では、
彼らが仲間意識を感じられるには
どうすればいいのでしょうか。

まずは当事者の場合は
【自分には
  関係ないと思わない】ことです。
複数での会話が苦手なので
誰かが話しているときに
自分の方を見てくれなければ
「無関係なのだ」と思いがちです。

けれども相手は
周囲の色んな人に
話しかけていますから
それを受け止めましょう。

それから、支援者側ですが
いつも1人で少し離れていて
聞いていない感じがするから…と
メンバーから
外してしまうのではなくて
他の人に話しながらも
【「ね、〇〇さん」と
  声をかけるようにします】
それによって当事者が
【自分も関係者】という
気持ちになれるかもしれません。

私たちは
相手の態度を見ながら
【距離感を察して】
どの程度の付き合いにするか
決められますが、

発達障害傾向を持つ人たちでは
私たちが彼らの態度から
察した気持ちは
割と外れてしまいがちです。

ですから、
黙って距離を取るのではなく
【接近しながら】
距離を測ることが大切ですし
「今、話しかけても
   迷惑じゃないですか?」
といった感じで
【具体的に質問すれば】
気持ちを答えてくれますよ。

【同じ目的を
  感じられれば
   仲間意識は高まります】
そのやり方は人それぞれ。
感じかたも人それぞれ。
だから、
なんとなく察した気になって
一方的に距離調整を
しないように心掛けましょう。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害