2018年09月11日

「話しやすい人だ」と思わせるコツ

私は、比較的
「話やすい人」だと言われます。
ただ、あまり自覚がなくて
「???」だったので
それは、どんな人なのか
ちょっと考えてみました。

=人見知らなかった=
人見知りや遠慮、というのは
【相手を否定している】
印象を与えます。

つまり、人見知らないのは
【相手を肯定している】
印象を与えてきたと思います。

そのため、
道端で高齢者に話しかけられて
初対面なのに
「身の上話」を聞かされます。笑。

=時々話す感じ=
これは仕事の中で、ですが
カウンセリングを行うときに
聴くことだけに徹することなく
時々、こちらから話すようにして
【刺激を促しています】

この刺激というのは
お客様がダラダラと
話してしまわないように、

また、【話を聞いてくれている】
実感を持ってもらえるように
目的を持って話しています。

=会話のバトンを奪わない=
論点がずれない限りは
相手の話を
さえぎることはありません。

会話というバトンを
奪うこともありません。

仮に途中で私が
自分の話のためにバトンを奪っても
それは「一時的に借りただけで」
相手の話に戻して
バトンもお返ししています。

=話題に乗っかれる=
よほど難しい話でない限りは
相手の話に乗っかれます。

その話題が全く分からなくて、
でも聞くつもりがあるときは
【質問を繰り返すことで】
相手にしゃべってもらい
理解を深めます。

仮に、つまらない話だとしても
そこで諦めません。

【ヒントや情報が
   含まれている】はずだと
話を聞きながら
貪欲に探し物をしている感じです。


まとめますと、
「話しやすさ」とは、
話す人自身に対しても
その人の話す内容に対しても
聞き手自身に対しても
【肯定的かどうか】さえ
クリアしていれば

誰でもそうなれる、
ということだと思いました。

さらなる高みを目指すなら、
【話し方】に気をつける
ということが大切です。

ぜひ参考になさってください。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己改革

2018年09月09日

恋愛は2パターン

恋人がほしい、結婚したい、と
人々はパートナーを求めます。

相談の事例では
・好きな人を振り向かせたい
・パートナーと仲良くなりたい
・恋愛経験がほしい
といった内容のことで
気持ちを打ち明けてくれる
お客様が多いです。

その恋愛にも
人それぞれのパターンがあって
大きくは2つに分けられます。

ここでは、
【加点方式と減点方式】
という言い方にしますね。

加点方式の場合、
「ちょっとイイ感じ」の時点で
つき合いが始まることが多いです。

二人の仲が深まるにつれて
どんどん【良いところが増えて】
相手のことを好きになっていきます。

減点方式の場合、
「とことん好きになって」
つき合いが始まることが多いです。

この場合、
つき合いが始まる前の段階で
【相手を理想化しすぎて】しまい
つき合いが続く中で
相手の欠点が増えていくので
【熱が冷めていき】
長続きしなくなるかもしれません。

特に、恋愛経験の少ない人は
テレビドラマなどを
お手本にしてしまいがちで、
【現実的な恋愛が
     分からない】
言われる人も少なくありません。

現実的な恋愛では、
ドラマのように
【熱烈に恋して
   付き合う人は少ない】
ことを知っておいてください。

多くの人が、
「こんなものかな…」で
つき合いを始めていき、
徐々に愛を深めることができる
【加点方式を採用しています】

もちろん、
単純なことではありませんから
色んな事情によって
長続きしない場合もあるし
あっさり冷めることもあります。

いずれにしても
相手あっての話ですから
まずは勇気を持って
【誰かの特定の人】
なってみることをお勧めします。

それは決して
【自分を大事にしていない】
わけではありません。
相手を知るために
【自分で選択すること】
身を滅ぼすわけでは
ありませんからね。

大して好きじゃない人と
つき合い始める人のことを
尻軽(遊び人)だというのなら、
世の中の大半の人たちが
尻軽ということになります。

まずは、
目に映る人たち、
幸せそうなカップルが
最初から相思相愛なのではない、
という事実を知りましょう。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間関係

2018年09月05日

発達障害と自動車運転事故率

18歳以上になれば
自動車の運転免許取得に向けて
自動車学校等に通うことができます。

将来のために
免許を取得することは
大切なことではありますが、

発達障害の傾向を抱える人たちが
自動車を運転することの
リスクも考えることが
必要なのではないかと思います。

例えば、
・カッとなりやすい
・とっさの判断ができない
・刺激でパニックを起こす
という特性を持っている場合、

暴走行為や
ブレーキが踏めないなどの
危険が想定できます。

運転中にボーっとしたり
追い抜かれた車に
イラっとしたり、
思い浮かべると
多くの危険ばかりです。

もっと時期をさかのぼると
免許取得のための
教習所時代に関しては

・教官の指示が分からない
・学科の内容が理解できない
・継続して通えない

といった問題も
あるでしょうね。

それでもなんとか
免許が取得できたとしても
【事故率は高い】ことを
知っておいてほしいと思いました。

仮に、事故を起こしたとしても
発達障害であることは
【言い訳にはなりません】

自分の運転に
責任を持たなくてはいけないのです。

その逆に、
歩行者の立場としても
常に気をつけておきたいのは
【ドライバーの人たち】の中にも
たくさんの発達障害者がいる
ということです。

ですから、
青信号だからといって
安心していないで
【周囲を警戒してください】

こんなふうに言うと
安心して過ごせない
感じがしますよね。

ただ、ちょっとした警戒は
常日頃大切だ、ということなのです。
100%何か(誰か)を
信じるのではなく
多少の
【疑いの目を持つ】ことも
時には大切だと思います。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害