2018年02月25日

「諦める」は悪いことばかりじゃない

私はよく、
【良い意味で諦めること】
という言葉を使います。

その言葉を聞いた人は
最初は「よく分からない」
という表情になります。

なぜかというと
「諦める」ということが
一般的には悪いイメージだからです。

ですから、補足説明が必要です。


例えば人間関係において
良い意味で諦める
ということは
【相手に期待しない】
と言い換えられます。

「それは相手に失礼だ」と
思われる人もいますが

期待に応えてくれればくれるほど
【期待の度合いは大きくなります】
そうなると、時々
期待に応えてもらえなくて
悲しくなってしまったり
怒りに変わったりするのです。


それで、
期待しないということが
信用しないということと
同じ意味合いだと
勘違いしてしまうことがあります。

【期待できない相手は
   信用するに値しない】
といった表現なら
分かりやすいでしょうか。


ですが、それは誤解です。

中には
期待に応えてくれないことを
【裏切りだと受け止めて】
しまっている人もいますが
【万能な人間はいません】


ちょっと考えてみてください。

もしも自分に対して
【過度に期待されたら
  誰だって重たいですよね】

できることはできるし、
できないことはできないもので。

それは誰でも同じです。

だから、良い意味で
【ほどほどに期待して】
【ほどほどに期待せず】

期待に応えてくれなくても
それは裏切りではなくて
その人には
応えるのが難しかったのだと
諦めてみてください。

きっとお互いの
気持ちが楽になりますし
【許しあえる関係】が築けて
より信頼関係が高まると思います。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間関係

2018年02月21日

春先に向けてのメンタル作り

まだまだ寒い日が続きますが
もうすぐ春がやってきますね。

その春先は
自殺が増えると言われています。

冬季うつの時期が過ぎて
温かくなれば元気になれそうなものですが
意外とそうでもないのです。

その理由は何でしょうか。


■環境の変化
学校や職場など、4月は環境が変わる確率が高く
新しいことや新しい状況についていくのが精一杯。

覚えることはたくさんあるし、
こなす作業がほとんど自分の知らないことの場合もあります。

このような状態で
一生懸命、周りに合わせようとするだけでも
一日の終わりには心身ともにクタクタになりますね。


■期待からの絶望
新しい環境になれば、
今より状況や心境が良くなるのではないか
という期待などを抱えて、

いざ現場に立ってみたら
「こんなはずではなかった」と思えることもあります。

事前に聞いていたことと違う。
あまりに違いすぎて戸惑いを隠せない。
こうなってしまうと心身にかなり負担がかかります。


■慣れない人間関係
クラスが変わったり職場で異動すれば
新しい人たちとうまくやっていかなくてはいけません。

そもそも、どんな人がいるかも分かりませんし
自信のない人はどんどん殻にこもってしまいがちです。

また、職場の異動については自分は動かなかったとしても
周りの人間が入れ替わることも負担になります。

どんな人が来るのだろうか、うまくやっていけるだろうか。

人材の入れ替えに良いイメージを持てない人にとっては
とても辛い心境なのではないでしょうか。


■まとめ
このように、心に負担がかかりやすい時期は
一人で抱え込まないで誰かに相談することが大切です。

また、早めに今のうちから
【予防カウンセリングを】受けることをオススメします。

一人で抱え込んで周囲を見渡すと、
温かくなってきて周りは楽しそうに見えてきます。
そして自分だけが辛いと錯覚を起こして余計に病んでしまいます。

その時期になってみないと分からないものですが
【日常のストレスは年中無休】ですから
常に気をつけておきたいものですね。
posted by 心療カウンセラー長谷 at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己改革

2018年02月15日

その不調は食事のせいかも?

毎年色々と学んでいる私ですが、
昨年は、上級食育アドバイザーを取得しました。


その中では
食品添加物や農薬、
栄養学とサプリメントのことなど

さらに自分では絶対調べないであろう
昔からの風習や食文化などについても
学ぶ機会に出会えました。


実は資格取得よりさらに前から、
私は自分の体を使って
【食事で体調が変わるか】といった
実験を続けてきました。

おかげさまで
10kg以上のダイエットに成功して
現在リバウンドなしです(^^)

増やしたい時、減らしたい時の
コントロールもだいぶ
できるようになってきました。

体調も良好です♪

逆に、
その自分なりのルールを破ると
すぐに体重は増えてしまうし
イライラしたりそわそわしたり、
メンタルが不安定になることも…。


それ以来、
説得力を高めるために資格取得して
体調改善に向けて
食事のアドバイスを続けております。

これまで試された方は
【食べることに興味を持ち】
それが良い効果となって
心身が楽になったという
人たちばかりです。


特にオススメしたい方はこちら↓

・離乳食や子供の食事を見直したい人

・発達障害傾向の人

・子供の問題行動を改善したい人

・何度もダイエットに失敗した人

・長期間、心や体の不調が続いている人

・料理に興味があり、これから挑戦したい人

・自分なりに食事に気を使っているものの、
 これで良いのか確認したい人

・精神科や心療内科に通院しても、
 なかなか回復しない人

この考え方は、
ダイエットのような
体重を落とすことだけではなくて
【食べるのが嫌い】という人にも
良い結果が得られていますよ。

あなたもぜひ一度、試してみませんか?
posted by 心療カウンセラー長谷 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物